診療科・支援部門のご案内

内科

当科からのお知らせ

【糖尿病教室について】

毎月8回水曜・木曜の午後3時から医師・栄養士・薬剤師・理学療法士・看護師による「公開糖尿病教室」を開催しています。糖尿病は患者さまがどのような薬剤治療をおこなう場合でも、自己管理することが重要な病気です。糖尿病があっても健康な生活を過ごすには、糖尿病の正しい知識をもち、血糖をコントロールして、合併症を予防する必要があります。糖尿病教室は患者さまが糖尿病について正しく理解し、積極的に自己の生活管理ができるようになるための教室です。一般の方も予約無し(受講料不要)でご参加いただけます。患者さまの療養にお役立てください。
毎月のプログラム等の詳細につきましては、糖尿病教室のご案内をご確認ください。

【栄養指導について】

当院に入院・通院されている患者さま以外にも、地域医療機関の先生方の指示のもと、当院管理栄養士が患者さま個々の生活習慣に応じた食生活をアドバイス致します。
詳しくは地域医療連携室(0798‐64‐1515 内線185・186)へお電話でお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る

当科の紹介

患者さま本位の医療をモットーに、個々のニーズに対応した最善の医療をおこなうことを心掛けています。インフォームドコンセントを前提にして、EBM(科学的根拠)に基づいた最新の治療を実践するために、病診連携と地域密接型医療に力を入れ、近隣の開業医の先生方と密にコンタクトをとりながら、各診療部門が各々の特色を生かして診療に取り組んでいます。平成15年度まで週2回であった新患外来を平成16年度から週5回に増設することにより、新患患者、再診患者の待ち時間短縮等のサービス面での改善にも力を入れています。

このページの先頭へ戻る

当科の特長

呼吸器内科

呼吸器内科では、呼吸器疾患(肺がん、肺炎、気管支炎、気管支喘息、肺気腫など)の全般にわたる診療をおこなっています。平成18年10月に 呼吸器センター を開設して以来、内科、外科、放射線科の呼吸器専門チームによる集学的治療の充実に取り組んできました。年々肺がん患者さまが増加し、手術、化学療法(抗がん剤治療、分子標的治療など)、放射線治療を適切な時期に適切な組み合わせでおこない、実績を上げています。また急性及び慢性呼吸不全に対する治療の充実、気管支喘息死の撲滅を目指して取り組んでいます。当院は日本呼吸器学会及び日本呼吸器内視鏡学会の認定施設です。

平成20年6月からは禁煙外来を開設し、禁煙補助薬を使った保険診療をおこなっています。

肺がん

肺がんドックでの早期発見、外科との連携による手術療法、多剤併用化学療法(外来化学療法も含む)、放射線療法等の集学的治療により根治、生存期間の延長を目指しています。

気管支喘息

吸入ステロイド療法を柱にした長期コントロール及び喘息死の撲滅を目指しています。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

禁煙指導、気管支拡張剤(吸入型)を中心とした長期コントロール及び在宅酸素療法をおこなっています。

睡眠時無呼吸症候群

ポリソムノグラフィーによる的確な診断及びCPAP(持続気道陽圧法)の導入をおこなっています。

消化器内科

消化器内科では、消化器(上部・下部消化管及び肝胆膵)疾患の全般にわたる診療をおこなっています。平成18年10月に消化器センター内視鏡センターを開設して以来、消化器外科、放射線科の協力体制のもと、さらに充実した最新の医療提供を目指しています。

上部消化管

早期がんの内視鏡的粘膜切除・粘膜下層剥離術、食道静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤結紮・硬化術にも積極的に取り組んでおり、内視鏡的胃瘻造設も毎週おこなっています。

下部消化管

検診便潜血陽性者の全大腸内視鏡スクリーニングから、大腸ポリープ、腫瘍のポリペクトミー・粘膜切除を中心におこない、ポリペクトミー・粘膜切除も多くの場合、外来での治療が可能となっています。また、潰瘍性大腸炎やクローン病等の炎症性腸疾患の診療にも力を入れています。

肝疾患

急性・慢性肝炎、肝硬変、肝細胞がんの診断と治療に取り組んでおり、肝細胞がんや転移性肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術もおこなっております。

胆嚢、膵臓

良性疾患から悪性疾患まで幅広く対応しております。

消化器

悪性疾患に関しては、外来での化学療法も積極的におこない、患者さまのQOLを重視した治療に取り組んでいます。

消化器内科では、毎週おこなわれる消化器外科、放射線科との消化器カンファレンスを通して、それぞれの専門領域に精通したスタッフによる意見交換をおこない、方針決定の場を設けています。

糖尿病・内分泌内科
糖尿病

糖尿病は症状により早期発見や病状の進行を知ることが極めて難しい病気です。高血糖が長期に続くと、さまざまな合併症をきたします。しかし、糖尿病と診断されて早い段階から適切な治療を受けることで、糖尿病合併症は防止することができるのです。当科では、生活習慣病としての糖尿病の管理からインスリンの外来導入、教育入院・治療まで、患者さま1人1人のニーズに応えるよう糖尿病チームで連携し、糖尿病診療を行っています。

平成21年より 糖尿病センター を開設しており、関連する多職種のスタッフが一同となり糖尿病ケアを目標に、チーム医療を実践しています。糖尿病ケア部門では、フットケア外来、糖尿病透析予防指導外来、看護指導外来、栄養指導外来、外来インスリン導入を開設しております。詳しくは 糖尿病センター をご覧下さい(予約制)。

糖尿病専門外来は週5日(月〜金)の診療体制でおこなっています。西宮市、宝塚市およびその近隣地域の医療機関・医院・クリニックとの連携をすすめています。また入院では、療養学習プログラムを含む糖尿病入院を2コース(1週間、2週間)用意しています。仕事や家庭等の都合により日数の制限がある方には、相談のうえ短縮形教育入院で対応します。かかりつけ医師の紹介状をお持ちいただき、受診ください。

糖尿病の進行や合併症の防止のためには、早い段階からの適切な治療が欠かせません。糖尿病の病気の特徴を理解し、上手な付き合い方を習得していただくために、毎月4回のシリーズで糖尿病教室を開講しており、セルフケアを応援しています。参加聴講は、外来・入院どちらの患者さまも予約や受講料不要です。 日程等は 糖尿病教室のご案内 をご覧ください。

内分泌代謝

甲状腺疾患(バセドウ病や橋本病など)、下垂体疾患、副腎疾患、二次性高血圧症等の内分泌疾患の診断及び治療をおこなっています。全身ヘリカルCTをはじめ、甲状腺超音波、シンチグラム、下垂体MRI、副腎静脈サンプリングや、各種内分泌負荷試験が可能です。

【 施設認定 】
 ・日本糖尿病学会 認定教育施設
 ・日本内分泌学会 認定教育施設
 ・日本高血圧学会 認定教育施設

このページの先頭へ戻る

診療内容の概要

呼吸器内科
呼吸器疾患全般
⇒肺がん、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群、慢性咳嗽など
消化器内科
消化器(上部・下部消化管及び肝胆膵)疾患全般
⇒上部・下部消化管の内視鏡的治療(食道静脈瘤、止血術、ポリペクトミー、粘膜切除(EMR)、粘膜下層剥離(ESD)、胃ろう造設(PEG)、総胆管結石砕石(EST)など)
慢性C型肝炎・慢性B型肝炎の治療
肝がんの局所治療(エタノール注入、ラジオ波焼灼術(RFA))など
炎症性腸炎疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の治療
消化器がんの化学療法
糖尿病・内分泌内科
糖尿病全般
・1型糖尿病、2型糖尿病、ステロイド剤など薬剤に伴う糖尿病など
・糖尿病合併症(糖尿病腎症、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症)
・動脈硬化症
・低血糖症
・糖尿病性昏睡など
内分泌代謝疾患
・甲状腺疾患:バセドウ病、橋本病、慢性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎
・下垂体疾患:下垂体機能低下症、プロラクチノーマ、クッシング病、先端巨大症状、尿崩症
・原発性副甲状腺機能亢進症
・副腎疾患:副腎腫瘍、原発性アロドステロン症、褐色細胞腫、クッシング症候群

このページの先頭へ戻る

診療実績

このページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

呼吸器内科

副院長

(イケダ トシユキ)
池田 聡之 専門:呼吸器

資格:
日本内科学会認定医、指導医
日本呼吸器学会専門医、指導医
大阪大学医学部臨床教授
兵庫医科大学臨床教育教授

内科医長

(テツモト サトシ)
鉄本 訓史 専門:呼吸器

資格:
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定機構認定医

内科医長

(ツルタ ナオトシ)
鶴田 直敏 専門:呼吸器

資格:
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本がん治療認定医機構認定医
インフェクションコントロールドクター

内科医長

(ニキ トシエ)
二木 俊江 専門:呼吸器

資格:
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医

内科医師

(トヨタ シゲノリ)
豊田 成徳 専門:呼吸器

内科医師

(オカモリ ヒトオミ)
岡森 仁臣 専門:呼吸器

消化器内科

内科主任部長
兼消化器内科主任部長
兼臨床検査科主任部長
兼内視鏡センター長

(オガワ ヒロユキ)
小川 弘之 専門:消化器

資格:
日本内科学会総合内科専門医、指導医
日本消化器病学会専門医、指導医
日本肝臓学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本医師会認定産業医
日本がん治療認定医機構認定医
日本消化管学会胃腸科専門医、指導医
日本へリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医

内科部長
兼超音波センター長

(オオハタ ヒロユキ)
大畑 裕之 専門:消化器

資格:
日本内科学会指導医

内科部長
兼消化器内科部長

(ホリノ ジロウ)
堀野 次郎 専門:消化器

内科医長

(ハヤシ ノリコ)
林 典子 専門:消化器

資格:
日本内科学会認定医、指導医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医、指導医

内科副医長

(カシハラ ヒロフミ)
樫原 博史 専門:消化器

資格:
日本内科学会認定医、指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医
日本へリコバクター学会ピロリ感染症認定医
日本医師会認定産業医
日本がん治療認定医機構認定医

内科医師

(タテガミ アキラ)
鬣 瑛 専門:消化器

糖尿病・内分泌内科

内科主任部長
兼糖尿病・内分泌内科主任部長
兼糖尿病センター長
大阪大学医学部臨床教授

(クレバヤシ ショウゴ)
紅林 昌吾 専門:糖尿病・内分泌代謝

資格:
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医、指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医、
指導医
日本医師会認定産業医
日本高血圧学会指導医
日本骨粗鬆症学会認定医

内科医長

(タブチ ユキコ)
田渕 優希子 専門:糖尿病・内分泌代謝

資格:
日本内科学会認定医
医学博士

内科医師

(カンノ マユ)
貫野 真由 専門:糖尿病・内分泌代謝

内科医師

(マキオ トキ)
牧尾 登紀 専門:糖尿病・内分泌代謝

資格:
日本内科学会認定医

このページの先頭へ戻る