診療科・支援部門のご案内

眼科

当科からのお知らせ

糖尿病の方へ

糖尿病による視力低下を防ぐため、目の症状がなくても眼科で定期検査を受けましょう。通常、眼底検査は、点眼薬で瞳孔を大きく開いた状態で行います。

痛みはありませんが、2−3時間から半日、目のぼやけや、まぶしさが続きます。受診の際は、車やバイクなどでの来院は避けてください。

このページの先頭へ戻る

当科の紹介

眼科では、老人性白内障、緑内障などの一般的な眼疾患をはじめ、糖尿病網膜症など、内科との協力が必要な疾患や、CT,MRIなどの画像診断を利用して脳外科、耳鼻科疾患の眼症状などの診療を行っています。

特に糖尿病は、内科の糖尿病外来と連携して治療に当たっています。

OCT(光干渉断層計:網膜の断層を表示)、蛍光眼底撮影などを、時期に応じて行い、レーザー治療などを行っています。

糖尿病に対する知識を増やしていただくための糖尿病教室でも眼科のお話をしています。

また、内科のかかりつけ医の先生との連絡のために、糖尿病眼手帳をお渡ししています。

視能訓練士三名は小児の屈折異常(遠視、近視、乱視)、弱視、斜視などの、検査、訓練を行っており、現在97人の子供さんが、定期的に検査、診察に来られています。

このページの先頭へ戻る

当科の特長

眼科では、糖尿病・高脂血症などの成人病を伴う眼疾患に対して、内科とともに運動療法・食事療法・生活管理の指導をおこなっています。

また、当院では眼科一般、白内障、緑内障、網膜疾患、ブドウ膜疾患、また、斜視、弱視などの小児の眼の異常の診療をおこなっています。

身体障害者診断(視覚障害、視野障害)、特定疾患の診断もおこなっています。

当院内科と密接に連携して、糖尿病、高血圧、高脂血症などの成人病を伴う眼疾患の治療にあたっています。特に糖尿病については、内科とともに、糖尿病教室をおこなうなど、生活管理、療養について細やかに指導しています。

放射線科、脳外科と連携して、MRI、CTなどで、眼の周辺の疾患についても、精密な検査をいたします。

ORT(視能訓練士)3名が、視力検査、緑内障などに対する視野検査などの検査および、幼小児に対する斜視、弱視の訓練に意欲的に取り組んでいます。

このページの先頭へ戻る

診療内容の概要

眼科一般、白内障、緑内障、網膜疾患、ブドウ膜炎、斜視、弱視訓練、身体しょうがい認定、特定疾患重症患者認定

白内障手術について
⇒白内障手術は、入院での手術をおこなっています。片眼で1泊2日を目安におこなっています。両目の手術を希望される場合は、2週間の間隔をあけています。
手術日は、月曜日、火曜日です。当日午前に入院、経過により翌日午後以降の退院となります。手術に際しては、全身の検査などが必要ですので手術希望で受診していただいたのち、手術日を予約していただき、その間に検査をすることになります。
緑内障
⇒眼圧(眼の硬さ)が、高いものと、正常範囲のものがあります。眼の痛みを伴い急激に起こるものもありますが、無症状で徐々に進行するものが最近注目されています。
眼圧が高い、視神経乳頭の陥凹が拡大しているなど、人間ドックなどで指摘されたり、視野が狭いと感じたら緑内障の疑いがあります。
眼圧検査、眼底検査、視野検査、光干渉断層計(OCT)などの検査をし、緑内障と診断されたら、まずは、点眼治療を始めます。
緑内障があると使えない薬がたくさんあります。しかし、実際には使っても差支えない型の緑内障が多いので、そのような薬を使う必要があるときには、かかりつけの眼科医に相談してください。
糖尿病網膜症
⇒糖尿病のため、目の中の毛細血管が弱くなり、詰まったり、出血したり、眼底に浮腫を起こすと、視力障害を起こしてきます。糖尿病のある方には高率に起こります。かなり悪くなってもすぐに症状がでないし、外から見ても進行の状態はわからないので自己診断はできません。糖尿病と診断されたら定期的に眼底検査を受けてください。治療は内科のコントロールが第一ですが、進行してくると適切な時期に眼科でレーザー治療などを行う必要があります。
斜視、弱視
⇒お子様の目つきがおかしい、視線が合いにくい、顔を傾けて見る、片目をよくつぶる、片目を隠すと嫌がるなど、おかしいなと思ったら眼科を受診してください。子供の視覚は小学校低学年まででほぼ完成します。 斜視や、強い遠視、弱視などがあったらなるべく早く眼鏡をかけたり、訓練をする必要があります。3歳になったら、練習をすれば視力検査はできますし、もっと小さいお子様でも、子供の検査が専門の視能訓練士がその年齢にできる検査をしますので、変だと思ったときには早く受診してください。

このページの先頭へ戻る

診療実績

【手術実績(2014年度)】
     水晶体再建術 202件
     網膜光凝固術 60件
     後発白内障手術

このページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

眼科部長 【主任部長】

(タシロ クミコ)
田代 久美子 専門:眼科全般

資格:
日本眼科学会専門医

このページの先頭へ戻る