病院からのお知らせ

現在表示しているページ
トップページ 病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

すべて表示をする

7対1看護体制への移行にともなう入院基本料の変更について 2013/12/25 注目

 当院では、医療安全の確保と看護の質の向上を図るため、看護体制の拡充に取り組んでまいりましたが、このたび「7対1看護体制」の基準を取得しました。
 
 「7対1看護体制」とは、平均して入院患者さま7人に1人の看護師が勤務するという体制であり、従来の10対1看護体制よりも多く看護師を配置した体制です。
 看護師を増員し、看護師一人当たりが担当する患者さまの人数が減ったことにより、患者さまに対してより安全で質の高い医療・看護を提供することができるようになります。


 なお、7対1看護体制への移行にともない、平成26年1月1日から保険診療の入院患者さまの一日当たりの負担額が次のとおり変更となります(この負担額は、厚生労働省が定める「診療報酬」により規定されています)。


【参考】 保険診療の患者さまの一日当たりの負担額(入院基本料)
@1割負担の患者さま
  改定前:1,310円
  改定後:1,570円
  差 額:260円

A3割負担の患者さま
  改定前:3,930円
  改定後:4,700円
  差 額:770円

※患者さまの実際の負担額は、病名や治療内容などにより異なります。
※高額療養費制度の変更ではありませんので、自己負担限度額は変わりません。
※限度額認定証を提出された患者さまは、自己負担限度額までとなります。



 今後、7対1看護体制の意義を十分理解したうえで、これまで以上に入院患者さまに満足して頂けるように努めてまいりますので、ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。


このページの先頭へ戻る