病院からのお知らせ

現在表示しているページ
トップページ 病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

すべて表示をする

初期臨床研修医クルズスに、イェール大学・William Vance教授を招聘しました 2016/07/29 

クリックで画像ウィンドウが開きます
 7月27〜28日にかけて、英語コミュニケーションの世界的指導者であるWilliam Vance教授を米・イェール大学よりお招きし、初期臨床研修医向けの特別研修を実施しました(左写真)。

 特に欧米では大統領選挙に象徴されるように、企業や学会でのプレゼンテーション、質疑応答において「相手にどう伝えるか」の技術(視線の送り方や、イントネーション、ボディランゲージなど、全身を総動員したスキル)が、非常に重要となっています。

 Vance教授からは2日間にわたって、研修医のによる英語での症例発表に対し、聴衆の心を掴むための専門的なトレーニングを行っていただきました。


 この取組みは平成22年から継続して実施しており、当院の初期臨床研修医育成プログラムの中でも特に重要で個性的なコンテンツとなっております。

 
◆初期臨床研修医向けの当院研修プログラム等については、『初期臨床研修医ページ[http://www.hospital-nishinomiya.jp/04mperson/02ski-01.html]』をご覧ください。


- - - - - - - - - -【William Vance 略歴】- - - - - - - - - -

言語学博士。シカゴ大学卒業後、イェール大学大学院にて言語学博士号所得。現在イェール大学ビジネススクールコミュニケーションディレクターとして、ビジネスコミュニケーション、比較言語学等の教鞭をとる他、フォーチュン500社、研究機関、国際機関のクライアントに成功に導く英語コミュニケーションを指導している。

著書には「ドクター・ヴァンスの英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法」「ドクター・ヴァンスのビジネス・プロフェッショナルが使うパワー英単語100」など、日本語の本も出版。


<William Vance 公式サイト>

https://bizeigojutsu.wordpress.com/about/
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※“クルズス”とは、当院内で開催している小規模の講義(主に研修医向け)のことです。


このページの先頭へ戻る