病院からのお知らせ

現在表示しているページ
トップページ 病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

病院からのお知らせ

平成30年度看護師修学資金について 2018/03/09 注目

【募集人数】10名程度

詳細につきましては、下記の募集要項をご覧ください。

【募集要項】
http://www.hospital-nishinomiya.jp/nurse/04rcrt/01_offr.html#scf


このページの先頭へ戻る

手術支援ロボット「ダヴィンチ」活躍中 2018/02/22 トピック

クリックで画像ウィンドウが開きます
平成30年2月より、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入しました。

「ダヴィンチ」は、人の手による手術に代わって、手先よりも滑らかで精密な動きをするロボットアームを、医師が遠隔操作する仕組みです。

特徴として、開腹手術よりも

・傷跡が小さい
・出血が少なく、術後の回復が早い
・後遺症(尿失禁など)が少ない

といった、患者さんのメリットに優れています。


現在、「ダヴィンチ」によるロボット手術は「前立腺がん全摘出術」と「腎がん部分切除術」において保険適用が認められていますが、平成30年度の診療報酬改定では、胃がんや肺がんなど、更に12件の手術への保険適用が予定されており、活躍の場はさらに広がる見込みです。


当院でも体制が整い次第、順次対応していき、患者さんにより安全で負担の少ない医療を提供できるよう、努力してまいります。

----------------------------------------

○機種名 「da Vinci Si」

(画像提供:Intuitive Surgical社)


機器のスペック等、詳細については、添付のPDFファイルをご覧ください。

【添付ファイル】 H30.2月 手術支援ロボット「ダヴィンチ Si」導入

このページの先頭へ戻る

「日本医療マネジメント学会 第12回 兵庫支部 学術集会」 を開催しました。 2018/02/19 新着情報

クリックで画像ウィンドウが開きます
平成30年2月18日(日)、西宮神社会館にて「日本医療マネジメント学会 第12回 兵庫支部 学術集会」を開催し、盛会のうちに終了いたしました。


本集会では「病院が地域と共にあり続けていくために」というメインテーマを掲げ、医療費の大幅な増大や2025年問題などの課題を抱える超高齢社会への対策に当たり、地域医療がどうあるべきかを検討するため、医師や看護師をはじめとする医療従事者に一堂に会していただき、数多くの優れた知見を演題として持ち寄っていただきました。

おかげさまで、特別講演が3題(うち1題は市民公開講座)、シンポジウムが1題、一般演題が62題、ランチョンセミナーが4題という、非常に充実したプログラムを実現できました。

関係者各位、ならびに、ご来場いただきました聴講者の皆様に、厚く御礼申し上げます。



<主なプログラム>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◆特別講演T
「病院が地域と共にあり続けていくために」〜地域包括ケアシステムの中で輝く〜

【演者】田中 二郎 先生 (医療法人川崎病院理事長、株ム塚病院名誉院長)
【座長】山本 光昭 先生 (兵庫県健康福祉部長、兵庫県病院事業副管理者)



◆特別講演U
「大学病院の地域医療への貢献」

【演者】澤 芳樹 先生 (大阪大学心臓血管外科学 教授)
【座長】大西 祥男 先生 (地方独立行政法人加古川市民病院機構 理事長 加古川中央市民病院 院長)



◆特別講演V <市民公開講座>
「ブラックジャックは遠かった〜良医と悪医」

【演者】久坂部 羊 先生 (医師・作家、大阪人間科学大学 社会福祉学科 特任教授)
【座長】大江 与喜子 先生 (西宮市医師会 会長)



◇シンポジウム
「魅力のある病院とは、そして如何に造りあげていくか」

【司 会】山本 光昭 先生 (兵庫県健康福祉部長)
【シンポジスト】
     田中 二郎 先生 (川崎病院理事長、飯塚病院名誉院長)
     佐藤 四三 先生 (姫路赤十字病院 院長)
     大江 与喜子 先生 (西宮市医師会 会長)




このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る