4階東病棟

手術を受ける患者さんを受け持つ病棟

s-R4-4月【HP】看護・4東.jpg4階東病棟は、消化器外科・泌尿器科・整形外科といった外科系と、消化器内科の内視鏡下腫瘤切除など、侵襲の高い処置や化学療法を受ける患者さんの看護を行っている外科系混合病棟です。高齢で手術や処置を受ける患者さんも多く、「安心・安全に手術・処置が受けられ、早期離床・早期退院できること」を目標に掲げ、患者さんを中心に他職種で連携した周術期看護を行っています。

 

PNS看護方式により、手術や侵襲の高い検査・処置の看護にはペアや他のスタッフが協力して助け合っているため、「ありがとう」の声が飛び交う元気な病棟となっています。

病棟薬剤師も配置されていることや、患者総合支援センターとの入院前~退院カンファのほか、理学療法士、作業療法士、言語療法士を含めたリハビリカンファなどの多職種連携もスムーズに行っており、多職種と協働した看護を行っています。

ページトップへ戻る