中央手術室・中央材料室

周術期における患者主体のチーム医療を提供する

s-R4-4月【HP】看護・手術室.jpg

手術室は、高度で複雑な医療を日々提供しています。私たち手術室看護師は、安全で質の高い手術看護を提供するために、専門性を高め、他職種と連携したチーム医療に取り組んでいます。

手術を受ける患者さんへの侵襲が最小限になるように、合併症を予防し、術後の回復が促進できるよう、術前からの関わりを大切にしています。そのため「術前看護外来」を開設し、患者さんと共に手術前から合併症予防に取り組めるよう、手術前教育に力を入れています。手術中は、待機しているご家族にPHSで状況をお伝えしており、患者さんやご家族の心に寄り添い、不安や緊張を少しでも軽減できるよう努めています。

医療チームの中で様々なニーズを考えながら、メンバー全員で絆を深め、相手に喜んでもらえるにはどうすればいいかを考えながら、全員で協力しあって仕事をしている職場です。

ページトップへ戻る