6階病棟

小児科と成人の患者さんが入院される複数の科を有する混合病棟です。

s-R4-4月【HP】看護・6F.jpg

  1. 安全で温もりのある医療・看護を提供します。
  2. 疾患が回復し、よりよい健康生活の維持と改善に繋げられるよう、多職種チームで支援と指導を行います。
  3. 疼痛や不安等の緩和を図り、その人らしい療養生活を送ることができるよう支援します。

 

6階病棟の特徴として、小児科と複数の科を有する混合病棟になります。

 

小児科では、手術を受ける患児、肺炎や気管支炎等の呼吸器疾患、アレルギー疾患、胃腸炎等の消化器疾患、自己免疫疾患などの、短期間入院の患児が多いです。小児科医や看護師の医療チームが協働し、疾患の早期回復に関わっています。

 

成人では、糖尿病の教育入院、消化器疾患、呼吸器疾患、口腔外科、皮膚科、ペイン、緩和ケアの患者さんが入院されます。新型コロナ禍においては病棟を再編し、眼科の白内障患者さんの入院にも対応しました。

糖尿病の教育入院では、血糖値の安定を促進し、適切な食事・運動・薬物療法を取り入れ、退院後も血糖コントロールができるように生活習慣を築くよう指導しています。
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士が、それぞれの専門性を生かしながら、患者さんを支援しています。また、手術・検査を受ける患者さんの入院も多いため、安全・安楽に手術・検査を受けられるよう看護を提供しています。

 

緩和ケアでは、がんと診断を受けたときから、疼痛などの身体的苦痛の緩和だけでなく、不安などの精神的苦痛の緩和にも努めています。主治医と麻酔科医を含む多職種で緩和ケアチームと協働し、患者さんのケアを行っています。患者さんの意向を尊重し、在宅を希望される患者さんには在宅療養が円滑に送れるよう、社会資源の活用も含めて支援をしています。在宅療養では、地域と医療機関等と連携し、病院から地域へ繋ぐ医療・看護を支援しています。

ページトップへ戻る