オプトアウト

研究情報の公開について(オプトアウト)

 通常、臨床研究を実施する際には、患者さんへ文書もしくは口頭で説明・同意を行って実施します。 臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく、診療情報等の情報のみを用いる研究等については、 国が定めた指針に基づき「対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意をとる必要はありませんが、 「研究の目的を含めて研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要」とされています。

 このような手法を「オプトアウト」といいます。オプトアウトを用いた臨床研究は下記のとおりです。 なお、研究への協力を希望されない場合は、下記担当窓口までお知らせください。

西宮市立中央病院が参加している研究のうち、オプトアウトに該当するもの

研究課題名(クリックで詳細表示)
「StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用療法TS-1単独療法のランダム化比較第Ⅲ相試験JACCRO GC-07(START-2)」におけるバイオマーカー研究 JACCRO GC-07AR2(第409号)[PDF形式/51KB]
外科症例臨床データベースを利用した臨床調査研究(第408号)[PDF形式/112KB]
切除不能進行・再発胃癌を対象とした Nivolumab の治療効果を予測するバイオマーカーの探索研究(第432号)[PDF形式/98KB]
慢性疼痛患者における痛み評価項目と心理評価項目の関連性の検討(第442号)[PDF形式/78KB]
C型慢性肝疾患患者の予後に関する検討(第465号)[PDF形式/120KB]
カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)(第467号)[PDF形式/101KB]
ステント血栓症発症後の長期予後に関する検討(第468号)[PDF形式/527KB]
抗凝固薬内服者における大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)後出血に関する多施設共同後ろ向き研究(第476号)[PDF形式/135KB]
原発性小腸癌の免疫組織学的解析と化学療法治療効果の検討(第478号)[PDF形式/167KB]
ペグインターフェロン・リバビリン併用療法後の予後に関する研究(第479号)[PDF形式/170KB]
『胃癌術前ステロイド投与の有効性と安全性を検証するランダム化比較第ⅡⅢ相試験』の追跡調査(第487号)[PDF形式/237KB]
【ミュータスワコー i50用トロポニンT測定試薬、NTproBNP測定試薬の性能評価】(第495号)[PDF形式/498KB]
冠動脈患者を合併した糖尿病患者における酸化ストレス・抗酸化マーカーの意義(第496号)[PDF形式/77KB]
消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査(第502号)[PDF形式/353KB]
ステロイド依存性・抵抗性の炎症性腸疾患に対する薬剤選択に関する多施設後ろ向き観察研究(OGF1809)(第503号)[PDF形式/238KB]
特定健診で測定したHbA1c値に関する後ろ向き検討(第507号)[PDF形式/457KB]
門脈血栓症に対する血栓溶解療法の治療効果についての検討―多施設共同研究―(第509号)[PDF形式/182KB]
大腸SM癌におけるリンパ節転移を予測するためのノモグラムの構築に関する研究(第529号)[PDF形式/228KB]
炎症性腸疾患合併消化管癌のデータベース作成と臨床病理学的研究(多施設共同後向き・前向き研究)(第530号)[PDF形式/204KB]
循環器疾患診療実態調査(JROAD)(第533号)[PDF形式/170KB]
日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について(第545号)[PDF形式/445KB]

帯状疱疹及び帯状疱疹関連痛の診療実態調査第555号)[PDF形式/129KB]

西宮市立中央病院呼吸器内科 に、 肺小細胞癌 で通院歴のある患者さんへ
進展型小細胞肺癌患者に対する初回治療カルボプラチン/エトポシド/アテゾリズマブ併用療法の実地診療における有効性、安全性を検討する多施設前向き観察研究に付随するバイオマーカー研究(第571号)[PDF形式/159KB]

大腸癌肝転移における後方視的予後解析(第578号)[PDF形式/176KB]

日本心血管理学療法学会レジストリー研究・慢性心不全患者のフレイル実態調査(第579号)[PDF形式/136KB]

オプトアウトに関するお問い合わせ先

西宮市立中央病院 管理部・医事課 0798-64-1515(代表)

ページトップへ戻る