ふるさと納税

ふるさと納税を始めます

西宮市では、「ふるさと納税」の寄附メニューと返礼品の充実を図っており、
取り組みの一環として、当院でもふるさと納税の活用を始めます。

  • 寄附メニューとして「中央病院応援寄附金」を新設
  • 返礼品として当院で実施する「人間ドック受診チケット」を追加(準備中)

市外にお住まいで、西宮市がふるさとの方、
西宮市、市立中央病院を応援したいと思われた方は、ぜひご活用ください。

 

西宮市ホームページ「ふるさと納税の申し込みはこちら」

中央病院 応援寄附金

市立中央病院は、県立西宮病院との統合により、令和8年度(2026年度)上期に西宮総合医療センター(仮称)として生まれ変わります。
統合新病院の開院まで、現在の体制を維持しながら診療や救急対応を継続していきますので、「中央病院応援寄附金」としていただいたご寄附は、救急医療など当院の診療機能を維持する上で特にニーズの高い分野に活用させていただきます。

寄附の活用先 (クリック)

いただいた寄附金は、中央病院の救急医療体制維持などに活用します。

■当院の救急体制

・阪神南小児2次救急輪番

・西宮市1次救急輪番(外科)

・西宮市2次救急輪番(内科・外科)

上記のほか、市内診療所のバックアップとして当院独自の救急体制を敷いています。

 

■救急受入実績

令和5年度 2,463件(救急車搬送1,495件、救急車搬送以外968件)

令和4年度 2,767件(救急車搬送1,445件、救急車搬送以外1,322件)

令和3年度 2,141件(救急車搬送1,125件、救急車搬送以外1,016件)

令和2年度 1,939件(救急車搬送906件、救急車搬送以外1,033件)

※コロナ禍を経て救急搬送要請件数が高止まりしています。

 

返礼品:人間ドック受診チケット (※現在、総務省審査中)

「ふるさと納税」返礼品のメニューとして寄附を付をいただいた市外在住の方を対象に、
当院で実施する人間ドックの各種チケット(1万円分の割引券、各種コースの受診券)をご用意しています。

(参考)当院の人間ドック・各種コースの内容と料金

 

・市外在住の方が、ご自身の健康チェックに

 市外在住の方が寄附をして、ご自身でチケット利用

・市内在住のご家族・ご友人へのプレゼントに

 市外在住の方が寄附をしてご家族・ご友人等がチケット利用

 ※ご家族・ご友人等が市外在住でもご利用いただけます

人間ドックの受診は健康診断の項目だけでは見つけられない病気の早期発見・早期治療のみならず、病気を未然に予防することにもつながります。ご自身やご家族、大切な方の健康のために是非ご活用ください

   

*返礼品「人間ドック受診チケット」をお申込み後の流れと注意点*

《お申し込み後の流れ》
(1)お申込み後に受診チケットを送付します。
(2)受診チケットが到着しましたら、お電話でご予約をお願いいたします。
(3)本券は受診時に必ずお持ちください。お忘れになった場合、既定の料金をご請求させていただきます。 
 ※ご予約の状況により、ご希望の日程に添えない場合がございます。

《注意事項》
・本券の払戻等はできません。
・紛失や破損による再発行はできません。
・額面未満の利用金額にはご利用いただけません。
・割引券は健診費用の自己負担分やオプション検査費用から減額します。

(参考)中央病院の主な検査機器

中央病院の人間ドックで利用している主要な検査機器をご紹介します。

2016~2017年にかけて大規模なリニューアルを行い、各種の検査機器をより高度なものへ更新しました。

また、2021年にはCTを更新し、更なる正確な診断が可能となっています。

 

◆CT

s-R3.4_新CT.jpg

360度回転しながらX線を照射して体内の横断面を撮影し、コンピューター処理により診断用画像を作成する装置です。2021年4月に、従来の64列CTから320列の新製品へ更新し、より高精度な画像を得られるようになりました。

CTは、頭部、胸部、腹部、四肢と、全ての部位の診断で活躍します。
部位によりますが、撮影時間が約5分~15分程度と短く済むのが特徴です。

◆MRI

s-(縮小)放射線科-MRI(H28.3新型).jpg

磁場と電波を用いて、主に臓器や血管を撮影する装置です。
CTとの違いは、X線を使わないため放射線に被爆することがなく、また、CTが苦手とする脳内や脊椎などの画像診断を得意としています。

強い磁力が発生するため、金属類の持ち込みはできません。また、撮影時間が長く(約30分程度)、撮影中は大きな音がします。
(2016年4月導入)

◆エコー、心電計など

エコー、心電計セット.png

当院の臨床検査科では、「超音波センター」を中心に、腹部、心臓、血管、婦人科など各領域の様々な症例に対応できるよう、超音波診断装置(エコー)や心電計などを取り揃えています。

また、超音波技術向上のためスタッフは各種勉強会・学会へ参加し、超音波検査士(消化器、循環器、泌尿器、体表、血管など)の資格取得にも取り組み、患者さんに安心して検査を受けていただける体制を整えています。

※寄附の受付期間(人間ドック実施期間)

令和8年度上期に統合新病院を開院し、同時に中央病院を閉院することを予定しており、

当院へのふるさと納税は令和7年度までとさせていただきます。

あわせて、人間ドックについても令和7年度末で終了となるため、ご利用にあたっては残期間にご注意ください。

 

※寄附・返礼品の受付終了時期については適宜アナウンスさせていただきます。

(参考)統合新病院の建設状況

ページトップへ戻る