呼吸器外科

当科の特長

 呼吸器外科では、呼吸器センターを中心に診療科の枠組みを越えて診療をおこなっています。呼吸器外科では、原発性肺がん、転移性肺がん、自然気胸を中心に診療をおこなっていますが、特に気胸の症例が近年増加傾向にあります(図2)。肺がんなどの悪性腫瘍は、呼吸器内科、放射線診断医、臨床病理医等との連携のもと、症例検討をおこない、集学的に治療をおこなっています。手術では基本方針である「胸腔鏡を用いた低侵襲手術」に取り組んでおり、消化器がんの肺転移病巣に対する手術等も積極的におこなっています。また、肝切除も含め、転移病巣を同時に施行することが当科の特徴です。

診療内容の概要

肺縦隔外科

・肺がん、転移性肺がん、気胸等

⇒胸腔鏡補助下肺切除術、胸腔鏡下肺嚢胞切除術、胸腔鏡補助下縦隔腫瘍切除術

診療実績

◆呼吸器外科の手術症例数の推移

R2.呼吸器外科_手術症例数.JPG

 

 

◆2019年 手術症例の内訳

R2.呼吸器外科_2019手術症例の内訳.JPG

スタッフ紹介

外科主任部長
兼.呼吸器外科主任部長
兼.呼吸器センター長
桧垣 直純
(ヒガキ ナオズミ)

資格

  • 日本外科学会専門医、指導医
  • 日本呼吸器外科学会専門医、評議員
  • 肺がんCT検診認定医師
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

専門

  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
桧垣 直純
外科医師
西村 太志
(ニシムラ ヒロシ)

専門

  • 呼吸器外科
西村 太志
ページトップへ戻る