麻酔科・ペインクリニック内科・外科

お知らせ

○週刊文春(2020.8.6)に、当院の麻酔科・ペインクリニック科が紹介されました。その時のインタビュー動画を掲載しております。

○読売新聞(2015.8.6)の特集「仙腸関節が招く痛み」において、仙腸関節の痛み治療を行う主な医療機関として、当院の麻酔科・ペインクリニック科が紹介されました。

○神戸新聞(2013.1.5)に当科が慢性疼痛治療で特集されました。

(詳しい内容は こちら 。)

○当院では、がんに伴う緩和ケアに関して、緩和ケアチームが稼動(毎週金曜日にカンファレンス及び回診を実施)し、患者さんやそのご家族のアメニティ等に配慮した緩和ケア病室2室を整備しております。

緩和ケア研修会(がん医療に携わる医療者に対する緩和ケア研修等推進事業)を開催しました。

当科の紹介

麻酔科

麻酔が本当に重要であるとの認識が、社会的にも深まりつつあります。 全国的な麻酔科医の充足が叫ばれているなか、当院では麻酔科学会認定指導医・専門医が3名常勤であり、術前評価、術後鎮痛も含めて安全で確実な周術期管理を行っています。

高齢化に伴い、

・中枢神経疾患(脳梗塞、脳出血など)
・心臓などの循環器疾患(高血圧、狭心症、心筋梗塞など)
・呼吸器疾患(喘息など)  ・代謝疾患(糖尿病、肥満など)

等の合併症例が増えていますが、麻酔上の重大な偶発症は発生していません。

これからも引き続き、安全で良質な麻酔を行っていきます。

ペインクリニック内科・外科

当院は、日本ペインクリニック学会認定施設となっています。入院加療も行い、あらゆる痛みを対象として、院内の放射線科、整形外科、リハビリテーション科はもとより、院外では大阪大学・疼痛医療センターと協力して、集学的な治療を行っています。
基本的には、からだに優しい治療(薬物治療、理学療法)を優先し、症状に応じて神経ブロックや手術による治療を実施していきます。

院内では、緩和ケアとともに「疼痛・緩和センター」として機能しています。

 

緩和ケアに関する詳しい内容はこちら

 H31麻酔科実積.JPG
 
◆痛みの診療内容

・頸部・腰下肢痛などの筋骨格系疾患:30%
・帯状疱疹、有痛性糖尿病性神経障害、CRPSなど神経障害性疼痛:30%
・頭痛:10%
・その他 _ 難治性癌性疼痛・難治性慢性疼痛など、あらゆる痛み

 

◆「痛みの総合診療」を実践

令和2年8月6日号・雑誌「週刊文春」の取材があり、「ペインクリニックで頼れる病院・クリニック」特集にて、当院の活動が紹介されました。前田 院長補佐 出演のインタビュー動画がこちらです。

当院のペインクリニック内科・外科では「痛みの総合診療」を目指し、あらゆる「痛み」を対象とした治療を行っていること、特徴的な治療として、慢性腰痛を伴う仙腸関節障害に取り組んでいることなどが紹介されています。

医療新聞社の公式ウェブサイト「医療新聞DIGITAL」にも、同内容の記事が掲載されています。

こちらもぜひご覧ください。

診療内容

外来診療について

  1. 麻酔科術前外来 : 月・水・金曜日
  2. ペインクリニック(痛みの治療)外来 : 月曜日から金曜日まで毎日
  3. 頭痛・顔面痛外来 : 片頭痛、三叉神経痛などの頭痛・顔面痛に関する専門外来(火曜日午後)
  4. 緩和ケア外来 : 緩和ケアの窓口としての専門外来(水曜日午後)
  5. 緩和ケア・がん相談外来 : がんやその治療に関して相談するための専門外来(木曜日午後)
  6. 神経ブロック : エコー下の神経ブロック(ソノサイト社)以外に、X線透視下のブロックを実施しています。(3回/週:月・木・金曜日)

その他

  1. 入院診療については、緩和医療も含めて行っています。
  2. 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患に対して、経皮的髄核摘出術、硬膜外内視鏡や脊髄刺激療法などの低侵襲治療も行っています。がん性疼痛への神経ブロック治療も行っています。
  3. ボトックスによる治療:現在本邦でボトックス治療の適応として保険承認されている全ての疾患を対象に行っています。
    対象疾患→片側顔面痙攣・瞼眼痙攣・痙性斜頚・脳血管障害後の筋痙縮・多汗症(重度の腋窩多汗のみ)
  4. 硬膜外内視鏡による神経剥離術も行っています。

帯状疱疹予防ワクチン

50歳以上の方へ

水痘にかかったことのある方の帯状疱疹予防としての効果が認められています。
50歳以上の方は接種可能です。

帯状疱疹とは

体の片側の一部にピリピリとした痛みが現れ、その部分に水ぶくれを伴う赤い発疹が出現する病気です。
水ぼうそうにかかったことのある人は、治った後もそれを発症させたウイルスがずっと体の中に潜んでいて、免疫力が落ちた際に「帯状疱疹」を発症させます。日本人成人の90%以上が帯状疱疹になる可能性があり、80歳までに3人に1人が発症すると言われています。特に50歳代から発症しやすくなります。
 

帯状疱疹が頭部、顔面に出ると、目や耳の神経が障害され、めまい、耳鳴りなどの合併症や、重症化すると視力低下や顔面神経痛など重い後遺症が残ることがあります。
また、帯状疱疹が治った後でも長期に痛みが残ることがあり、帯状疱疹後神経痛(PHN)と呼ばれています。50歳以上で帯状疱疹になった場合、約2割がこのPHNになり、難治性の痛みを伴います。
 
当科では、PHNの治療と併せて予防のためのワクチンを接種しています。

 

帯状疱疹の予防

帯状疱疹を予防するワクチンです。以下の2種類から選んでいただけます。


どちらのワクチンも、初診時には保険診療にて適応の可否を診断します。(保険診療)

 地域の医院・クリニックなどの紹介状がない場合は、

 保険診療と別に初診時選定療養費(税込 5,000円)が必要です。

その上で改めてワクチン接種を行います。(自由診療)

水痘ワクチン「ビケン」 シングリックス筋注用
ワクチンの種類 生ワクチン 不活性ワクチン
接種回数 1回

2回 (2ヵ月後に2回目を接種)
遅くとも6カ月後までに接種

予防効果 50~60% 90%以上
持続期間 5年程度 9年以上
副反応

接種部位の痛み、腫れ、発赤

(3日~1週間で消失)

接種部位の痛み、腫れ、発赤

(3日~1週間で消失)

料金

5,819円(税込)

 ・外来診療料      _ 740円
 ・皮下注射内注射手技料 _ 200円
 ・生物学的製剤注射加算 _ 150円
 ・薬剤料        _ 4,200円
 ・消費税(10%)     _ 529円

19,349(税込) (※1回分)

 ・外来診療料       _ 740円
 ・皮下注射内注射手技料  _ 200円
 ・生物学的製剤注射加算  _ 150円
 ・薬剤料        _ 16,500円
 ・消費税(10%)     _ 1,759円 

メリット

・1回で済む

・接種費用が安い

・免疫が低下している方にも接種可

・予防効果が高い

・持続期間が長い

デメリット

・免疫が低下している方には接種不可

・持続期間が短い

・痛い

・2回接種が必要

・接種費用が高い

診療実績

  

  • 頭痛外来の内容と実績(~2011年度末)

緩和ケアチーム

緩和ケアチームはこちら

スタッフ紹介

院長補佐
兼.ペインクリニック内科・外科主任部長
麻酔科主任部長
兼.疼痛・緩和センター長
前田 倫
(マエダ リン)

資格

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本麻酔科学会・日本専門医機構麻酔科専門医
  • 日本ペインクリニック学会専門医・評議員
  • 日本頭痛学会専門医・指導医・代議員
  • 日本緩和医療学会専門医
  • 日本仙腸関節研究会幹事
  • 日本慢性疼痛学会 評議員
  • 大阪大学麻酔科学教室臨床教授
  • 兵庫医科大学麻酔科・疼痛制御科臨床教授

専門

  • 麻酔科
  • ペインクリニック(痛みの治療)
  • 頭痛診療
  • 緩和医療
前田 倫
麻酔科部長
兼ペインクリニック内科・外科部長
松村 陽子
(マツムラ ヨウコ)

資格

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本ペインクリニック学会専門医
  • 日本東洋医学会漢方専門医
  • 日本頭痛学会専門医

専門

  • 麻酔科
  • ペインクリニック
  • 漢方医学
  • 頭痛診療
松村 陽子
麻酔科部長
兼ペインクリニック内科・外科部長
平井 康富
(ヒライ ヤストミ)

資格

  • 麻酔科標榜医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

専門

  • 麻酔一般
平井 康富
麻酔科部長
兼ペインクリニック内科・外科部長
溝渕 敦子
(ミゾブチ アツコ)

資格

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本ペインクリニック学会専門医
  • 日本頭痛学会専門医
  • 日本緩和医療学会認定医

専門

  • 麻酔科
  • ペインクリニック
麻酔科医長
菅島 裕美
(スガシマ ヒロミ)

資格

  • 日本麻酔科学会専門医

専門

  • 麻酔科
  • ペインクリニック
麻酔科副医長
井内 貴子
(イウチ タカコ)

資格

  • 日本麻酔科学会認定医

専門

  • 麻酔科
ページトップへ戻る