消化器外科

当科の特長

上部消化管(食道・胃)、下部消化管(小腸・大腸)、肝胆膵、ヘルニアの疾患をグループ別に診療する体制をとっており、それぞれの専門家が最新の診断法と治療法を用いて、特にがん治療に力を入れた、手術を中心とした治療を行っています。また消化器内科や放射線科と合同カンファレンスを行い、連携を密に取っております。麻酔科とも術前に手術方法などについて検討を行っています。

~ がんと診断された皆さまへ ~

 がんと診断されて、ご本人はもちろん、ご家族にも不安や心配があり、つらい思いをされていると思います。

 われわれ外科医は、みなさんに病状を理解していただいて、前向きに治療していただくように、正確にわかりやすく丁寧に説明いたします。

 病状を説明し治療方針が決定すれば安心され、前向きに治療にあたっていただける患者さんがほとんどです。当院の医師は話しやすい雰囲気ですので、なんでも聞いていただければと思います。われわれが最もよいと思う治療を提供し、退院後も日常生活やお仕事ができるようにサポートしていきます。

診療内容の概要/上部消化管

主な対象疾患

 胃がん、胃腫瘍(粘膜下腫瘍、GIST)、食道がん

1.胃がんの治療方針

 当院では、早期胃がんに対する機能温存や低侵襲を重視した手術から、進行した胃がんに対する集学的治療(手術と抗がん剤を組み合わせた治療法)まで、最も適した治療を提供できるよう丁寧に説明して、患者さんが安心して手術を受けていただけるように心がけています。

 手術は従来の開腹手術、腹腔鏡手術から適した手術方法を選択します。なによりも手術を安全に行うこと(安全性)と、胃がんをきっちり摘出し取り除くこと(根治性)を最重要と考えています。治療方針は全て、外科、消化器内科・麻酔科・放射線科などの専門医師と、手術室看護師や外科病棟看護師も参加して行うカンファレンスで症例検討して決定しています。

 胃がんの治療法を的確に決めるためには、上部消化管内視鏡検査、胸腹部CT検査などを用いたがんの進行度の診断が重要です。胃がんの進行度はステージI、II、III、IVに分類され、それぞれのステージや深達度(胃壁における病変の深さ)に応じて、内視鏡的治療(消化器内科)、外科的治療化学療法(抗がん剤治療)、姑息的手術(胃空腸バイパス術など)のうちから選択し、あるいは組み合わせて治療を行います。


 治療法の選択は、現時点で最も標準的な治療法を推奨する胃がん治療ガイドラインに従った治療法を原則とし、その上で患者さんの状態や希望に沿った治療法を選択しています。なお、当院の2018年の胃悪性腫瘍切除件数は年間29例(2017年の胃悪性腫瘍切除件数は年間21例)でした。

[胃がん]腹腔鏡手術

 当院では、患者さんの身体に少しでも負担が少なく、痛みの少ない手術の提供を目指して、腹腔鏡手術に積極的に取り組んでいます。実績として、2018年には29例中18例(62.1%)に腹腔鏡手術を行いました。

 これらの手術は傷が小さく目立たないことはもちろんですが、根治性を担保しながら術後の早期回復を可能にします。患者さんの病態に合わせて十分に説明した上で、安全性と根治性を優先し、腹腔鏡手術か従来の開腹手術かをおすすめすることになります。それぞれの長所と短所を説明しながら手術方法を決定しています。

 胃がんの腹腔鏡手術では、通常お臍(へそ)の部分に2.5~3センチの創をあけ、ここから切除された胃を摘出します。これ以外に0.5~1.5センチの傷を4つあけて、おなかの中で「胃切除」+「リンパ節郭清」(リンパ節の摘出)+「再建術」(食べられるようにつなげること)を行います。
 開腹手術では15〜20センチの傷が必要ですが、これに比べると腹腔鏡手術術は術後の痛みが軽いばかりでなく、出血量も少なく社会復帰が早くなります。

[胃がん]集学的治療 —術前化学療法—

 高度に進行した胃がんは、腫瘍が大きく周囲臓器に浸潤している場合や、周囲のリンパ節が著明に腫大している場合、肝臓や肺、腹膜などの遠隔転移がある場合には、切除が難しいだけでなく、術後に再発が起こりやすいとされています。

 

 高度進行胃がんに対しては、手術の前に抗がん剤治療を行い、腫瘍や腫れたリンパ節を小さくしてから切除手術を行うようにしています。これは術前化学療法という方法で、胃切除手術を後回しにすると体力が維持できる場合があるため、抗がん剤治療をきっちり行うことができるメリットがあります。抗がん剤の治療効果によっては、のちに胃切除手術を行うことができます。

 これらの治療方法については、個々の患者さんの栄養状態や食事摂取状態なども考慮に入れて選択するようにしています。

[胃がん]術後補助化学療法

 胃がんに対する抗がん剤治療は多くの場合、上部消化器外科医が担当します。手術が無事に成功して、摘出した胃やリンパ節を病理組織検査で詳しく調べて術後の進行度(ステージ)を決定します。

 ステージIIあるいはステージIIIの患者さんは、術後の再発予防のために抗がん剤治療を行います。これを術後補助化学療法といいます。ほとんどの抗がん剤治療は入院することなく外来化学療法室で行うことができます。

2.食道がんの治療方針

 食道がんの治療法を決めるためには、上部消化管内視鏡検査、胸腹部CT検査、PET-CT(他院で撮影します)などの進行度(ステージ)の診断が必要です。あわせて、手術療法は侵襲が大きいので、持病がないかどうか調べるために、心肺機能や耐術能(手術に耐えられるかどうか)に関する検査が重要となります。

 食道がんの進行度はステージI、II、III、IVに分類され、それぞれのステージに応じて、上部消化管内視鏡による内視鏡的治療外科的治療(食道がん根治切除術)、化学療法(抗がん剤治療)、化学放射線治療姑息的治療のうちから選択します。進行した食道がん症例ではこれらを組み合わせて集学的治療を行います。

 治療法の選択に当たっては、現時点で最も標準的な治療法を推奨する食道がん診療ガイドライン に沿った治療法を原則としており、その上で、患者さんの状態や希望に応じた治療法を選択しています。最近ではご高齢の食道がん患者さんが増えてきており、ご本人・ご家族への十分な説明と同意の上で、QOL(生活の質)を維持できるように、治療を行うことが重要と考えています。

なお、手術は県立西宮病院阪大病院・消化器外科と連携して行っています。

診療内容の概要/下部消化管

主な対象疾患:

大腸がん(結腸がん、直腸がん)鼠径ヘルニア、大腸腫瘍、直腸脱、小腸腫瘍、憩室炎、虫垂炎、穿孔性腹膜炎、炎症性腸疾患

1.大腸がんの治療方針

 2017年度のがん統計によると、大腸がんは今や我が国で最もよくかかるがんで、亡くなる方は肺がんに次いで2番目に多いがんになっています。当院では「兵庫県指定がん診療連携拠点病院」として大腸がんの治療に力を入れており、再発が少なく・合併症が起こりにくく・術後の身体機能が保たれる外科治療を心がけています。

 大腸がんの治療法を的確に決めるためには、内視鏡検査、CT検査、MRI検査などを用いたがんの進行度の診断が重要です。大腸がんの進行度はステージ0、1、2、3、4に分類され、それぞれのステージに応じて大腸内視鏡による治療、外科的な切除術、抗がん剤治療、放射線治療のうちから選択、あるいは組み合わせて治療を行います。

 当院の大腸がん切除件数は年間60〜80例です。

 治療法の選択は、科学的根拠に基づいて作成された「大腸癌治療ガイドライン」(大腸癌研究会)に準じて行うのが基本ですが、個々の患者さんで年齢、性別以外にも、体の状態、家庭環境、お仕事、考え方などが異なります。当院ではこのような、個々人の事情も重んじて、カンファレンスを通じて個々の患者さんに適した治療法を選択するように心がけています。

[大腸がん]腹腔鏡手術

 大腸がんの腹腔鏡手術では、通常お臍の部分にあける3〜6センチの傷が一番大きな傷で、ここから切除された大腸がん組織を取り出します。これ以外の傷の大きさは0.5~1.5センチです。従来の開腹手術では15〜20センチの傷が必要であり、これに比べると術後の痛みが軽いばかりでなく、出血量も少なく社会復帰が早くなります。当院では大腸がん切除術の90%以上を腹腔鏡手術で行っています。

[直腸がん]治療 —局所再発の抑制と人工肛門の回避—

 大腸がんの中でも、進行した直腸がんは、狭い骨盤の中にあるため切除手術が難しく、手術で取り除いた後の周りの部分に再発(局所再発といいます)が起こりやすく、生存率が低いことが特徴であり、しばしば治療が難しいがんです。


 当院では、低い位置にある進行直腸がんに対してはあらかじめ放射線治療と抗がん剤治療を組み合わせた治療を行い、がんを小さくしてから切除手術を行うようにしています。これは「術前化学放射線療法」という方法で、局所再発が減り、肛門が残る確率が上がる効果が示されています。アメリカやヨーロッパでは進行直腸がんに対する基本の治療方針となっています。

 当院では2017年に放射線治療専用のリニアック棟を増設し、最新の治療装置を用いて術前化学放射線治療を行っています。また、化学放射線療法後の直腸がん切除術においても、体に優しい腹腔鏡手術を主要な方法としています。

 低い位置にある直腸がんでは肛門を残すことができず、生涯、人工肛門が必要になることもありますが、手術方法の進歩によって、かなり低い位置の直腸がんでも肛門が残せる手術ができるようになりました。
 このように、個々の患者さんの元々の排便状態も考慮に入れて、手術方法を選択するようにしています。

[大腸がん]抗がん剤治療

 大腸がんに対する抗がん剤治療は、多くの場合、下部消化器外科医が担当します。ほとんどの抗がん剤治療は入院することなく、外来化学療法室への外来通院で行います。当院の外来化学療法室は外科外来に隣接しており、副作用への対応も迅速に行うことができます。また外来化学療法室では医師、看護師、薬剤師が週に一度カンファレンスを行っています。

2.ストーマケア

 直腸がん、腹膜炎、がんの再発などでどうしても人工肛門(ストーマ)が必要になる患者さんがおられます。ストーマができても日常生活やお仕事に支障がないように、「ストーマ皮膚排泄認定看護師」を中心として、造設後の入院生活はもちろん、退院後も「ストーマケア外来」にて支援しています。

 また、ストーマを造設された直後の患者さんを対象に、「ストーマ回診」を毎週行い、外科医、認定看護師、担当看護師がベッドサイドに立ち会ってストーマの状態、問題点を共有しています。

3.鼠径ヘルニアの治療方針

 鼠径(そけい)ヘルニアとはお腹の壁の一番下、左右の鼠径部の組織が緩くなり、小腸などが脱出する病気です。「脱腸」とも呼ばれています。

 初期の症状は、左右の足の付け根の部分に柔らかい膨らみに気づくというもので、立つと出現し、仰向けに寝ると引っ込みます。放置すると、膨らみが大きくなり、痛みが出現し、仰向けに寝ても戻らなくなるなどの悪化症状が出て来ます。脱出した腸が戻らなくなって血流が悪くなると著しい痛みを伴い、緊急手術が必要になることがあります。

 根本的な治療は手術しかありません。

 最もよく行われる手術は、メッシュという人口の膜状物をヘルニアの出口に当てて治す方法です。ヘルニアの出ている部位に傷をつけて前方からメッシュを入れる「前方法」と、腹腔鏡手術でお腹の中からヘルニアの出口を確認してメッシュを当てる方法があります。比較すると、後者の腹腔鏡手術は、「前方法」に比べて術後の痛みが軽く、職場復帰が早いなどの利点があることが分かっています。

 腹腔鏡手術は全身麻酔のため寝ているうちに終わり、手術時間は50~90分ほどです。当院では通常は尿道チューブを挿入せず、当日から歩くことができ、多くの場合、手術の翌々日に退院していただけます。当院では全身麻酔をかけることに問題がない場合、ほぼ全例を腹腔鏡手術で行います。全身麻酔ができない方、前立腺手術後の方などは「前方法」を選択します。

[鼠経ヘルニア]当日入院手術について

通常、手術を受けて頂く場合は、前日からの入院となります。しかし当院では、働く患者さんの「1日でも入院を減らしたい」というニーズにお答えすべく、当日入院の腹腔鏡下・鼠径ヘルニア手術を行っています。

  ■(参考)当日入院 鼠経ヘルニア手術の導入について

例えば、金曜日に入院してそのまま手術を受けられる場合、土曜日または日曜日の退院となります。重労働を避ければ、月曜日からの職場復帰が可能です。

ただし、患者さんの病状などによっては従来通り、前日からの入院をお願いする場合もあります。

診療実績

【実績】新規入院患者数

R2.消化器外科_新規入院実積(人数、単価、収益).jpg

 

 

 

【実績】外来患者数(延べ)

R2.消化器外科_外来実積(人数、単価、収益).jpg

 
 
 
【実績】手術件数

R2.消化器外科_手術症例数.jpg

その他の取組

1. National Clinical Database (NCD)への手術・治療情報登録について

 当院の外科では、2011年1月1日より専門医制度と連携したデータベース事業 National Clinical Database (NCD) への登録を開始しました。

 <National Clinical Database(NCD) の外科手術・治療情報データベース事業とは>

 日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

 NCDへの登録は、患者さんの自由な意思に基づくものですので、参加されたくない場合はデータ登録を拒否していただくこともできます。登録を拒否されたことで、診療などで患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

 詳しくはリンク先をご覧ください。

2. 消化器外科における術前栄養評価

 消化器外科の手術後、多くの場合は問題なく回復しますが、中には創部感染や肺炎などの感染症を生じるケースや、それ以外の合併症を生じる場合があります。

 これら術後の合併症の発生には、手術前の栄養状態が関係していると言われています。

 そこで消化器外科では、65歳以上の方を対象に「InBody720」(インボディ720:体成分の分析装置。多彩な測定・分析項目があり、健康・栄養管理に役立つ。) を用いて、骨格筋量や握力、歩行スピードを測定し、栄養評価を行っています。

「InBody720」

3. 高齢者における周術期合併症の発症リスク管理

 超高齢社会となり、手術を受ける方の高齢者の割合も増加しています。高齢者は併存疾患を持っていたり、予備力(平常時に発揮している能力と、機能として保有している最大限の能力との差)が低下していたりします。また潜在的な認知症の有病率は高く、転倒転落・せん妄を含めた術後合併症のリスクが高いと言われています。

 リスクを予め知り、予防の手段を講じるために、術前の評価を行うことは重要です。そこで、消化器外科では75歳以上の方を対象にスクリーニングを行っております。

4. 単孔式腹腔鏡下 胆のう摘出術

 胆のう摘出術は、胆のう結石症や胆のう炎に対する標準的な治療であり、日本では1990年に腹腔鏡下手術が導入されました。「腹腔鏡下胆のう摘出術」は、手術の傷痕も小さく、社会復帰が早いことから瞬く間に浸透し、今や胆のう結石症の標準的術式となりました。

 この手術では、全身麻酔をかけた後、おなかの中に炭酸ガスを送り込み、おなかを膨らませた状態で、4カ所程度の穴(ポート)から道具を入れて、腹腔鏡というビデオカメラを見ながら手術を行います。

 日本内視鏡外科学会による第12回アンケート調査によると、1990年から2013年末までに全国の病院で45万2,936件が行われました。

 <「単孔式腹腔鏡下手術」について>

 「単孔式腹腔鏡下手術」とは、お臍(へそ)を切って器具を入れて行う手術で、傷が1ヶ所だけのため、腹腔鏡手下術の中でも特に傷痕が目立ちません。ただし、器具を入れる場所(ポートの位置)が限られるため操作が難しく、技術的に習熟が必要です。

 実績として、2008年~2013年までに全国で1万9,597件が行われました。2013年では「腹腔鏡下胆のう摘出術」2万1,761件のうち、21.6%(4,700件)が「単孔式」で行われています。

 当院では、胆のう結石症や胆のう炎に対して「腹腔鏡下胆のう摘出術」を標準的治療としていますが、高度な炎症や周囲臓器との癒着が見られる場合、病状に合わせて「単孔式」から通常の腹腔鏡下手術に変更したり、開腹手術に変更することで、安全を第一に治療を進めていきます。

 

 なお、現在の病状や、過去の治療の経歴などによっては「腹腔鏡下胆のう摘出術」がお薦めできない方もおられますので、まず当院を受診していただいて、治療するかどうか、どういう手術が必要なのかをご理解いただくことが大切です。

 「単孔式腹腔鏡下胆のう摘出術」にかぎらず、胆のう疾患に関して何かお聞きになりたいことがありましたら、担当医師に遠慮なくご相談ください。

スタッフ紹介

副院長
兼.外科主任部長
兼.消化器外科主任部長
兼.消化器センター長
兼.外来化学療法室室長
兼.中央手術室室長
兼.救急室室長
大西 直
(オオニシ タダシ)

資格

  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 日本ヘルニア学会評議員
  • 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士

専門

  • 下部消化器外科
  • 鼠径ヘルニア
  • 腹腔鏡手術
大西 直
外科主任部長
兼.消化器外科主任部長
兼.医療安全対策室室長
上島 成幸
(ウエシマ シゲユキ)

資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医

専門

  • 消化器外科
上島 成幸
外科部長
兼.消化器外科部長
足立 真一
(アダチ シンイチ)

資格

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 緩和ケア研修・がんリハビリテーション研修修了

専門

  • 上部消化菅
足立 真一
外科部長
兼.消化器外科部長
宮嵜 安晃
(ミヤザキ ヤスアキ)

資格

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本静脈経腸栄養学会 TNT研修会修了
  • 近畿外科学会評議員

専門

  • 下部消化管
  • 肛門疾患
宮嵜 安晃
ページトップへ戻る